スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ネットワーク不具合の賠償責任はドコ?

--テストを甘くみると恐い例-トレンドマイクロ 続編です。

【技術解説】トレンドマイクロは何を誤ったのか
賠償責任も?

とも言われてますが、
個人的にはあまりにも自社システムを他社の技術に頼りすぎというのも問題ありかと思われる。
障害が起きた各社の情報処理事業部の対応の甘さもあるということを考えないのかなぁ。
アウトソーシングしてるから、何も分からない方が結構いるんですけどね。

ウイルス対策ソフトは、自社の資産の安全を守る為の道具なので
人が道具に使われている感じ。
社内のIT環境を運用しているのは、トレンドマイクロでない。
トレンドマイクロは安全に使う道具を提供しているだけ。
いくつかの種類の道具から選んで使っている状態。

この場合システムダウンしたのは、システムを運用している部門や会社が問題なのでは?と思う。

もちろんテストをしないで提供したのは大きな問題なんだけどさ。
正常に動くか確認をしないで、自社システムにそのまま使ってしまったというミスもあるはずだ。
(毎日アップデートされるから面倒なのだけどねー。)

ここでトレンドマイクロが賠償責任を取るんだったら
マイクロソフトはどうなるんだ?
もともとはそちらのバグやらが原因でウイルスなんか流行ってるんですけど。

責任を追及する暇があるなら
まず自社で、次回同じ事が起きないように対策を練るべしと思いますが。
(賠償責任だといっているのは、システム担当じゃない方ですけどね。)


*私の担当会社は問題なしであった。
 システムが古かったお陰で、テスト環境のみの影響。
 変わりにいま行ってるSI会社のサーバーがトラブってた。
 一応名の知れたところなんですが、かなりサブイわ。
スポンサーサイト
  1. 2005/04/26(火) 01:03:52|
  2. ネット・PC|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。