スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

尼崎脱線事故後のもやもや

JR西日本脱線事故の報道の仕方も頭を捻るところがあるんだけど
自らの責任にしたくなかったのか誤情報を大ピラに流したJR西日本。

脱線は”置石”が原因としたかったんでしょうけど
その置石が発見されるというニュースが日々増えている。

置石をする人もアホだけど、原因がわからないうちに勝手に原因を作り上げるのってアホらしい。
置石を流行らせたのは、紛れもなく原因を軽視して報告してJR西日本だろう。
なぜ、まだ分からないっていえなかったんだろうか?
どんな正義感?があったんだろうと頭を捻る。

『from 911/USAレポート』 第196回
    「鉄道運転士と専門職」

*アムトラックでは、事故があって危ないからと先頭車両には乗らないらしい。
 20年前日航の事故後、飛行機のどのあたりに乗るのが安全かと言っていた気がするけど
 個人で危険を防ぐ意識は日本人は少ないかもしれない。

 タイトルの「鉄道運転士と専門職」に関しては、
 ”勤労者、専門職が誇りをもてない時代が来ています。
 そのことが、社会を暗くし、若い人に希望を持てなくしているように思うのです。”
 と書かれている。

 自動化に飲まれてしまって技術なんか必要ないとどこか思われている所があるのかもしれない。
 あらゆる仕事には経験や技術、センスなどが必要なのに
 今社会の中で専門=職人という意識が薄らいでいるのかもしれない。
 それは、日々仕事をしていても仕事に対する誇りを持つ人が減ってきていたり、
 専門性を敬うことが少なくなって来たように私も感じる。
 専門職を歯車にしてしまっては、もったいない。
 (たぶん青色ダイオード中村さんの裁判と同じような価値観かな)

 そして、マスコミも同じなんだろう。
 報道する事が業務の一部になっちゃて、
 上辺だけのプライドしかなくなってきているのかも。
 東武東上線の事故でも、日航でも同じように
 勤務体制や会社の姿勢が問題になっている中で
 JRに眼を向けられなかったのかなぁ。


ちらほら調べて目に付いたものをLink

JR福知山(宝塚)線脱線事故に思う-極東ブログさん
◇札幌から ニュースの現場で考えること
 ・JR福知山線の事故と、リストラ社会
 ・JR西日本の事故と、いくつかの数字、過去記事
 ・国鉄時代の懐中時計と、JR西日本の事故
[尼崎脱線事故]過酷な労務管理の実態語る 運転士の同僚
[尼崎脱線事故]1カ月前から国交省がJR西に厳重注意
今日のマスコミ 4月27日
◇子供もじっくり読んでほしい――JR脱線事故で(2005/05/01)
ベトナムの鉄道運転士、その人生


スポンサーサイト
  1. 2005/05/02(月) 01:35:21|
  2. 社会|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。